【2020年最新版】機械式、ガス式の違いと おすすめモニターアーム

ゲーミングガジェット

【過去の失敗】気を付けて! モニターアームの選び方

僕はドス〇ラというところの3000円台のモニターアームを購入しました。


確かに最初のほうは問題なく使えていたのですが、3か月ほどたつとモニターが垂れてくるようになりました。
ねじなどを締めていろいろ試してみたのですがすぐにヘタレてきてしまいます。

今では下の画像(次の章の画像です)のようにスプレー缶を挟んで垂れないようにしています(泣)
不格好なので今すぐにでもやめたいです。

Nvidiaが公式発表で360Hzのモニターを開発しているといっていたのでモニターもあわせて新調したいところです。

机に固定するタイプのモニターアームが良い

僕はもともとモニターの高さが調整したくてモニターアームを買ったのですが、↓こういう形状の足回りなんですよね。
正直大きくて邪魔です

せっかく奥行きがあるデスクなのにモニターを置く位置の都合上、実際に使える奥行きはほぼキーボード1つ分だけです。

でかすぎて小物置き場になったモニターアームの足

机の上は割とすっきりさせておきたい派なのでモニターの足は弊害以外の何物でもないですね。

机に置くだけのタイプは大抵の場合、モニターを前後に動かすことができません
重心のバランスが崩れ転倒してしまうことを防止するためにそういった機能は排除してある場合が多いです。
(高さやモニターの確度のみを変更する場合では固定しないタイプでも問題ないかと思います)

伊倉君

転倒防止のために重量が重めに設定されているのも微妙な点かもね。
はっきり言って使い勝手はわるいよ・・・

一方、机にしっかり固定してあるモニターアームではモニターの重心によって転倒することを考慮しなくていいので前後に動かすことのできるモデルが多いです。 前後左右全方向に自由に動かすことができるので自分にとって最もしっくりくる位置にモニターを固定することができます。

ご購入はこちらから→ガススプリング式モニターアーム二色【FLEXIMOUNTS】

おすすめモニターアーム

先ほどからちょくちょく画像で紹介しているのですが「FLEXISPOT」のモニターアームがおすすめです!

このメーカーからは機械可動式ガス圧式という2つの種類のモニターアームが販売されています。
それぞれ見ていきましょう

機械可動式

機械可動式モニターアームD1Pはこちらから

機械可動式モニターアームD1DPはこちらから

機械可動式の強みはコスパとデザイン性です。
価格は5700円前後とお手頃で、見た目もシュッとしていて、デスク周りが清楚でシンプルな印象になります。

一方で駆動領域に弱みがあります。
モニターの高さと角度は自由に変更が可能ですが、前後方向の動きは厳しいでしょう。

とはいっても一般的なモニターの使用方法なら前後方向の移動はそこまで重要ではありません。
ゲーマーやイラストを描く方など、”時々近くで見たい人”以外はこちらの製品がおすすめです。

ガス圧式モニターアーム

ガス圧式モニターアームD8はこちらから

ガス圧式モニターアームD8Dはこちらから

ガス圧式モニターアームD8Tはこちらから

上記以外にも4枚のモニターを支えることができる製品も存在します。

ガス圧式の強みはその駆動領域の広さとモニター移動の手軽さです。
前後にモニターを移動させることができるうえ、移動の際には特殊な工具なども必要なく、手で引っ張ったり押したりするだけで簡単に移動させることができます。

弱みは価格でしょう。
モニターを2枚以上使う場合は1万円以上かかります
(安いほうですが)

また、機械可動式と比べると耐荷重が3KGほど少なくなっています。
簡単に動かせる分、重いものには弱いのでしょう。

3画面以上使っている方や、頻繁にモニターの位置を調整する方、モニター位置に強いこだわりがある方にはお勧めのモニターアームです。
(FPSゲーマーやイラストなどを描く方)

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました